よいおっさんへの道

2010/01/02 小布施堂界隈

小布施堂界隈はこうなっております
a0102098_1923994.jpg


十 が宿舎である 「枡一客殿」


チェックイン後 夕暮れが迫る前に ちょいと周囲を散策








一 と 九 の間にある 正門
a0102098_19291051.jpg


お正月ですね
ここを かの葛飾北斎もくぐったんだろうか?






一 小布施堂本店
a0102098_19302158.jpg




セーラ・マリ・カミングス

全国各地の小さな酒蔵と同様に こちら桝一市村酒造場も風前のともしびだったらしい
そこに セーラ・マリ・カミングス 採用







八 寄り付き料理 蔵部
a0102098_1932535.jpg



その後の彼女の活躍は 社長の予想をはるかに超えるもので
ジョン・モフォードにより 枡一の古い酒蔵を改築し 和とモダンデザインの融合した料理店「蔵部」を開店させ






二 幟(のぼり)の広場
a0102098_1933910.jpg










歩道には栗の木レンガが敷き詰められている
a0102098_19344478.jpg









九 枡一市村酒造場本店
a0102098_19355082.jpg

各地の酒蔵から途絶えて久しい木桶を使った酒造りを全国に先駆け復活させ
周囲の反対も力にかえ 酒造場改革の信念を貫き

結果として 枡一はセーラ氏が来る前の10倍以上に売り上げを伸ばして息を吹き返した
(未来創発 Vol.21 2003.11より)






a0102098_19364291.jpg









酒蔵「枡一市村酒造場」直売店
a0102098_1939479.jpg


栗菓子の小布施堂を営む市村家は 江戸・宝暦年間 250年以上前から「枡一」の屋号でお酒も造ってきた








きれいだね
a0102098_1940077.jpg






セーラ・マリ・カミングス
プロフィール
1991-92年 関西外国語大学交換留学生として留学
1993年06月 ペンシルベニア州立大学卒業 長野オリンピックに憧れ、再来日
1994年06月 (株)小布施堂に入社、経営情報室を立ち上げる
1996年01月 利酒師認定
1997年07月 (株)桝一市村酒造場の再構築に取り組む
1998年02月 長野冬季五輪の英国選手団アシスタント・オリンピック・アタッシュに任命され、選手団の面倒を見、ホスピタリティープログラムを企画・運営
1998年10月 桝一「蔵部」レストランを開く 同年、小布施堂、桝一市村酒造場の取締役就任
2001年08月 「小布施ッション」(Obusession) 文化サロンをスタート、毎月ゾロ目の日に合わせて行う、現在も継続中
2001年12月 日経ウーマン誌が選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2002」大賞受賞
2003年07月 海の日に「小布施見にマラソン」(Obuse mini Marathon) 企画・運営。「海のない小布施に、波をつくる」 3ヶ月で開催
2004年04月 (株)文化事業部設立 代表取締役就任





売り場の奥 お酒を楽しめるカウンター「手盃台(てっぱだい)」 紙コップはサービスの甘酒
a0102098_19421760.jpg


場に縛られない異国の人であったことが 逆に良かったのか
彼女を採用した 小布施社長も もの凄いと思うが 彼女のイベント プロジェクトの発想と実行力はハンパではない
とあるセーラ評によると
「事務能力で言えば並みの人材かもしれない しかし 独創性や交渉力や断行力は一般的な経営者より数段突出している」






“白金” と にごり酒 “ろく” と 鞍かけ豆の “ひたし豆”100円!! 旋盤削りだしのカップ 表面張力ギリギリ
a0102098_1944769.jpg




京都もそうだが 新しいものに寛大 というより貪欲だ
守りに入ると硬直化を生む
脱皮しなければ
が スクラップ&ビルドではない
エコロジーでヒューマンでどこか懐かしい



追記

こちらのお酒基本は 「枡一」だと思われますが その「枡」を「☐ square」 「一」を「one」 と表記して 「square one」と申します
陶器瓶がすてきですね

あと 桶仕込をして現代によみがえらしめた 「白金」
この 750ml入りの ステンレス製のスキットルボトルは わが岡山が誇る デザイナー 原研哉 氏によるものであることを 記しておきます
カッコエエ
by win-twins | 2010-02-14 19:55 | 旅ネタ