よいおっさんへの道

<   2007年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

昔の粗品

今は亡き親父は 若い頃(40代くらいか?)タバコ吸ってた
その頃の愛用灰皿がこれ
a0102098_23345086.jpg

姚泉 表町三丁目になるのかなぁ ぎょうざの店として知られてる 2・3度行った事がある 中華そばもある とてもあっさり系 でも閉店が早い
今でもあるのかな
京橋の 陶泉 とよく間違える 同じようにぎょうざを供するし・・・
陶泉の方にはよく行った ビールは冷蔵庫から自分で取り出す 狭い店内 猥雑な空間 結構好きというかとても好き
それにしても その昔の 多分お得意さんへの粗品だと思うのだけど いかしているのが多い
日本手ぬぐいあり 醤油さしあり そしてこの灰皿…タバコは大嫌いだけれど これだけは許しちゃう
どこかの大手製パンメーカーが季節ごとのフェアでポイント集めたらもらえる食器よりも昔のこんなんがすき 白磁に印判手とはいえ上絵つけがなされている すごいと思う
昔は手間賃(人件費)が安かったんだろうね よくぞここまでっていう民器がたくさん残っている
職人さんが無心になって作り上げる名も知らぬ雑器
そういったものは今じゃ発展途上の国々に取って代わられた
「効率と利益追求」の旗印に「手間賃はタダ」といった 製品に手を抜かないとかよりよいものを徹底的に追求するとかいった 職人の心意気はどこかに消し飛ばざるを得ない
世の中の仕組みや 価値観を変えないともうどうしようもないのかもしれない
ここにこそ本当の美があるのかも知れないね…う~ん 柳 宗悦 民芸論 語ると長くなるのでやめましょう
by win-twins | 2007-06-30 23:37 | 家インテリアネタ | Trackback | Comments(0)

ローストチキン トライアングル形成か?

おはようございます
今朝は暗いうちから車走らせました 仕事です ねむぅ~
そこで 朝日を浴びて燦然と輝く 新店舗発見(でもないか もう開店して2週間近い)
a0102098_8542568.jpg

… 店名がわからん 「がんこ村」か? 「アルムの里 農場直売」か?
いずれにしても 焼き鳥 ローストチキン そして 卵 屋さんらしいです
a0102098_8544859.jpg

場所は IPU・環太平洋大学校門西 旧Aコープ玉井店 サンクスの隣 と言うことは イタメシ屋「SIENA」の近くでもある
お山の向こうの 牟佐の「鳥周」と赤坂の「…」(店名忘れた) なんだか 焼き鳥系の結界トライアングルが形成された模様です

ありがたいことです 鳥好きですから

さあ すこし眠ります おやすみなさい
by win-twins | 2007-06-30 08:57 | | Trackback | Comments(0)

LOVE えびめし

バーントアンバーのごはん
私は その昔 岡山天満屋バスステーション地下の象さんマークのインデイラで初めて食ったと記憶してる
それから幾星霜
結構岡山限定らしいな

岡山エリア インデイラ やら えびめしや やらが できたりなくなったり…
今ひとつよくわからんのは インデイラとピクニックレストランの関係
花尻のカフェド・ブレルの前はたしかピクニックレストランで えびめし食べることができた
今でも円山にお店ありますが インデイラグループとそのピクニックレストランとの関係がよくわからない カフェド・ブレルはインデイラ系なんですよね?

まあ どうでもええわ こんやは アサムラサキのえびめし
a0102098_21354963.jpg

それにしても キャベツのサラダがあったらなあ… 
nyanko先生の過去のブログにあったっけ? レシピ

このアサムラサキっていう会社 箱の裏見たら笠岡じゃん
そういや 我が家の胡麻ドレッシングの大容器入りもよく見たら アサムラサキ製
どんな会社ですか? アサムラサキ
by win-twins | 2007-06-29 21:38 | メシネタ | Trackback | Comments(4)

最新鋭空調設備登場

おはようございます
昨日で わたしのテンパりのひとつの原因の仕事が終了
いや~ ほんとうに目の上のたんこぶとはこのことじゃった
今度は 7月下旬と8月上旬に実施の3つのプロジェクトに傾注しよ… もちろんわたし本来の仕事を遂行しつつです まったく何やってんだろう

暑くなってきました
職場にも とうとう 冷房が入ってしまいました
でも わたしゃ あの汗腺がきゅ~っと萎縮していくような感覚に陥る 冷房が好きじゃない
できるだけ影響の少ないところを探して 仕事道具抱えて点々とする日々の始まり
なんでみんな ああ ギンギンに冷やしたがるのか?
あれじゃあ 帰宅してのビールがまずいじゃないか

でも まあ我が家もそろそろ最新鋭の空調設備にご登場願おうか
a0102098_62840.jpg

冷暖房とりそろえております
まだまだ 壊れていないので廃棄できません
このお二方 多分私の人生より長い…か?

この期は 左のお方にお仕事してもらいましょうか
この夏もよろしく
by win-twins | 2007-06-29 06:03 | 家インテリアネタ | Trackback | Comments(2)

梅の実る頃

梅干セットがスーパーの店頭を賑わしてる
梅の実の季節だ
外気は湿気を帯びてけむり さほど遠くでもない山々をはるかなものに感じさせる
はるかなものに感じさせるが その空気はどんよりと重く生ぬるい 早朝だというのに…
a0102098_22555511.jpg

梅の実が枝にたわわだ
それに合わせるかのように 樹下に紫蘇が自生する
盛り まさに絶頂の葉ぶりだ
a0102098_22561525.jpg

梅の実と紫蘇を刈り入れたら 梅干の準備が始まるのだろう
この絶妙のタイミングは 昔からはずすことはない
旬のものの融合 これが一番自然なのだろうと思う
a0102098_22563254.jpg

おまけ こんな○○ベリーも自生 結構おいしいです
by win-twins | 2007-06-28 22:57 | FUTAのいた日々 | Trackback | Comments(0)

夏に雪を食す

最近の わが妻 MIEさんは 隔週で帰岡します
3,4,5月 大変な忙しさだったらしく月1回の帰岡でした
そんな中で TWINSの新生活の段取りなど 全くもってよくやってくれたと思います
6月になってからは 隔週で帰岡するようになりました 
しかし 土曜午前中は仕事らしく 大体土曜の夕方の帰岡といったパターン
そして 翌日曜日の夕方 また三ノ宮に行ってしまうわけなのよね

TWINSもいなくなり たまにしか会わない夫婦… 喧嘩のねたもなくなりました
ほんま 喧嘩しなくなって4年目 喧嘩の絶えない夫婦は やはり離れてみるのもよいかも…って それは無責任だな すんません

先般の土曜日は 今年の夏のお初で 大好きな『おまち堂』にまいりました
a0102098_19261846.jpg

ここのかき氷 大好きです~ 行列のできるかき氷屋さん この間は地元の女子高生が大挙して攻め込んでいました にこやかな対応 カウンターだけの店 縁台のようなイスがポコポコと置いてある そこにオーダーを入れて三々五々座って待つ事しばし
a0102098_19263951.jpg

私は グレープフルーツサワー 氷の質が違うのか かき氷マシーンが違うのかよくわかりませんが 明らかにかき氷ぢゃなく 雪に近い感じ その上に 上といわず中までも バリバリに天然果汁を感じさせるシロップと本物のグレープフルーツのシロップ漬け!! 
その他のかき氷は「●●ミルク」的なモノなのですが このグレープフルーツだけがミルク系じゃないね
a0102098_1927161.jpg

MIEさんは カフェラテミルク
濃厚ミルク 薫り高いコーヒーの香り くちゅくちゅのコーヒーゼリーちりばめまくり~
食べさせてくれなかったので 味のコメントは控えます(ワシのは食い散らかしたくせに)が 岡山の夏はこれたべにゃおえんとおもうよ
アイス系は もうおっさん 結構重いと思う事があるのですが この美味しい氷は 新発見
こんなものを 年端も行かない若造だけに味わわせるのはもったいないですわい

ちょっと 私的には営業形態的に ジュースの『⑤』とかぶるとこがあるのですが こことは関係ないのですかね?
ところで このお店の 看板キャラの女の子 なまえは「おまちちゃん」だと思うのですが…違うかなぁ
by win-twins | 2007-06-27 19:29 | メシネタ | Trackback | Comments(5)

夏支度か?

我が家は田舎仕様なので 二間続きの畳の部屋があります
これ+床間がないと 秋祭りとか  ○○講 とか お当屋 とか 冠婚葬祭 とか… に対応できないのです とにかく寄り合いが多いのです
最近 蒸し暑いので 襖を取っ払いました
a0102098_22292236.jpg

ちょっと 広々として スースーした感じかな
それにしても 我が家には 家具がないですね
掃除しにくいので できるだけ置かないんです
この部屋 真夏でも 窓全開でごろ寝しますと 明け方は 山肌をつたった うすら寒い空気がスーッと流れ込んでくるのがわかる
家は夏をむねとする

これから 我が家は いろいろなところの襖が取っ払われます
プライバシーは無視です

本日の私のお弁当
a0102098_22524182.jpg

ガラストップのデスクでの撮影なので変な感じ 浮いてる
この曲げワッパ お冷のごはんがいかに美味しいか実感させてくれると思う
甘みが増すとでも申しましょうか
弁当箱の裏を見ると 〝春慶〟と焼印があります
結構有名なのですかね 正確には今年で12年目の弁当箱です
中身は ハンバーグ照り焼き インゲンの胡麻よごし その他もろもろ 
ぎゅうぎゅうに詰めた 男メシは変わりなし
by win-twins | 2007-06-26 22:32 | 家インテリアネタ | Trackback | Comments(6)

その後のピオーネ

こんばんは
昨日 隣のブドウ畑をのぞいたら 前に紹介したピオーネの子どもが ほれ この通り
a0102098_22393929.jpg

幹上部にあった二つのマークもなくなっているので ジベレリン薬浴も2回終了
まあ? いつの間に…? です
これだけ実太りしてくると まもなく袋かけですね
そうして そのまま暑い夏をすごして お盆前に出荷 ということになるのでしょうか
かわいいですね

さて 別の果樹園では まもなくスモモ(プラム)が樹上で食べごろを迎えるでしょう
我が家のTWINSが産まれ まだまだ 目も開かない頃に摘んで食べたのが ついこの間のようです 薮蚊にやられないように 蚊取り線香を腰に下げなければ 近づいてはいけないところ
明日朝ちょっと見に行きますかね

ああ 今は 枇杷をたべるので忙しいです 今年の枇杷 大変美味
写真撮るのいつも忘れる
by win-twins | 2007-06-25 22:44 | 田舎暮らしネタ | Trackback | Comments(2)

雨後のタケノコ

田舎暮らし 憧れは尽きぬとも 日々自然との闘いに疲れきれば それは 敗北のとき
自然との共生 そんな生ぬるいものではないと思う
野趣あふれる… 自然のおもむき のことだと思いますが 実際 山家(やまが→私の場合 まったくナマッチョロイ里山ですが)に住んでいると この おもむき を感じさせるように自然をコントロールすることの何と困難なことよ
自然 特に緑は われわれの気持ちが萎えるときを虎視眈々と狙っている
基本的に 自然とは敵なのです 私はそう思ってる
a0102098_2310478.jpg

ちょっと目を離すと 野趣ではなくて〝野〟になってしまうのです
この時期なら 多分2週間あれば それは十分です
我が家は 現在は 竹との戦い 一晩でニョキニョキです 考えたら恐ろしいです たぶんジーッと見ていたら 目に見えて成長しているのがわかるはずです おそろしい
刈り取って食べろと言う人もいますが アクの強いタケノコ そんなに食べれません
こんなものを金を出して自邸に植える人の気が知れんわ
ただね この時期にこの竹どもが落とす〝皮〟は おにぎり包むときに使えるのでちゃっかりいただきますがね
やはり 草刈機は必要だし 適度に除草剤とも仲良くしている(今年出たラウンドアップの最新版はすごい スギナにも効くんです)
桜を春にちゃんと咲かせようと思ったら この時期はやはり殺虫剤も必需だ
花見の頃だけ 桜に思いをはせる人にはわからないだろうが 桜の葉は 毛虫にとって本当に美味しいものなのだ ほっといたら 多分夏前には裸木になりますよ
都会の自然愛好家には許すべからざる行為かもしれないが 刈った草もその場で燃やしたりする 灰は太古よりの貴重な肥料って言うか アルカリ剤なのです 陶芸家の釉薬にもなるけど
二酸化炭素の排出云々を責めるのであれば まずは自宅のエアコンをまず使用しなさんな
突然攻めてくる 昆虫や爬虫類に いちいち反応しなさんな
雨が降って むせ返る この時期は まずはムカデに要注意なのですよ
自然に妙な憧れや守ろうなどという不遜で傲慢な気持ちを持たないことだと思う
自然はあくまでも自然であって やはり人智を超越している いかったら何をしでかすかわからない恐るべきもの(敵)なのです
自然は壊れない もし壊れそうなときはとんでもないパワーで人類をもきっと凌駕してしまう
私たちは 生かされているんです
保護 なんていう気持ち自体 不遜です
by win-twins | 2007-06-24 23:22 | 田舎暮らしネタ | Trackback | Comments(0)

倉敷からの帰り道

おはようございます
雨の朝です 梅雨なので至極当然ですが… うどんの国 香川にも降ってほしいです

昨日は 14:30頃まで 倉敷で仕事 16:00に 三ノ宮からMIEさん帰岡 岡山駅でお迎え
少し時間があるがな… うひひ
東粒浦の 隠れ家的うどん屋さん「天の」へ直行
ランチタイムもはずれてたので 並ぶことなく 券売機で ぶっかけ玉子 のボタンをポン
すかさず 目の前に運ばれてきたのが これ
a0102098_939087.jpg

ここって 本当に待たさないよね
玉子をお箸でぷちゅっと突いて しょうゆを適量 まぜまぜ
さあ 和製カルボナーラのできあがり
a0102098_93918100.jpg

できるだけ早く お口にすすりこむ めんを途中で噛み切ってはいけない 旅やグルメ番組でもうどんを途中で噛み切る人を観たら ストレスたまる
この弾力 こののどごし やっぱここのうどん好きじゃ~

ワシ的には 県下にうどん屋さんあまたあれど 岡山市のセルフの完成形「たぬき屋」とここ「天の」があればそれで満足 一生通いまっせ
屏風と食べ物屋は広げたら倒れる って申します どうぞ 増床や多店舗展開などは考えず あの知る人ぞ知る団地の一角の普通の民家でがんばってください

ぶっかけ玉子 290円の幸せでした

「天の」をあとに その後 輸入食品雑貨店「トレンド」で時間を潰しすぎて MIEさんに相当待ちぼうけを食らわしちゃった 
お詫びに帰途 「おまち堂」でかき氷のカフェラテミルクをごちそうして何とか許してもらった おっさんでした ちなみに 私的にはここのかき氷食べたら もうよそのかき氷いりません
by win-twins | 2007-06-24 09:40 | メシネタ | Trackback | Comments(5)