よいおっさんへの道

生きています

a0102098_23105092.jpg

まもなく標高3,000m
生きています
−20℃
水もおにぎりも スマホも凍結して使い物にならない
ほぼ東京タワーの高さの氷壁を
アイゼンとピッケルで登りきった
その後のダンス
くだりの恐ろしさをこの時は考えていませんでした
by win-twins | 2017-03-04 23:05 | 山行日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wintwins.exblog.jp/tb/23695522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 通りすがりの農家のおぢさん at 2017-03-06 07:19 x
昨年訪れた阿寒湖がマイナス20℃でダイヤモンドダストが見られました。
寒いより痛い!感じがしました。
層雲峡の氷瀑祭り・網走の流氷見学 どれも寒ぅございました。

そんな寒い中を長時間お過ごしになるとは何という体力の持ち主でしょうか!

行きはよいよい帰りはこわい・・・・なんて唄がありましたが
ご無事での帰還おめでとうございます!!
Commented by win-twins at 2017-03-06 09:54
★ 通りすがりの農家のおぢさん さま

ご無沙汰しております
現在は 雪焼けで顔がハリハリして困っていますw
画像からお分かりいただけますでしょうか?
靴に装着したアイゼンと雪面の間に空間があるのを…
ということは ここは雪面ではなく アイスバーンということ
たいへん命の危険なゾーンでした
帰ることができてよかったです